まるっとワーク

データ分析・電子工作など気になることを残していきます

Python

Python: lambda式を使う

Pythonプログラムにおいて、複数回同じ作業を実施したいときは関数を定義して実行しますが、関数に名前を付けずに簡潔に宣言するlambda式を使った書き方をまとめます。 開発環境について $wmic os get caption >Microsoft Windows 10 Pro $wmic os get osarc…

Python: mapやapply、applymapメソッドを使う

Pythonプログラムにおいて、DataFrameの各カラムに対してforループで処理をする際、非常に時間がかかる場合があります。 今回は、処理時間低減にも有効なmapメソッド/applyメソッドの使い方についてまとめます。 開発環境について $wmic os get caption >Mic…

機械学習について(言葉の定義など、はじめの一歩)

機械学習について学習を始めたので、理解した内容についてまとめて説明していきたいと思います。目次 機械学習とは? 機械学習の手法 精度の高いモデル構築に向けて AutoML(Automated Machine Learning)とは? 代表的なAutoML まとめ 機械学習とは? コンピ…

matplotlibとseabornの日本語の文字化けを修正する

Pythonから利用できる可視化ライブラリ、matplotlibやseabornにて可視化を行った際の日本語の文字化けを防ぐ方法をまとめていきます。 目次 開発環境について 問題事例 対応方法 japanize-matplotlibモジュールをインストール 対応結果 まとめ 開発環境につ…

Python:ディジタルフィルタの設計② Butterworth/Chebyshev/Bessel

Pythonから利用できる数学処理ライブラリ、Scipyを使ったディジタルフィルタの設計・評価方法の続きをまとめていきます。 前回同様、数学的な話やディジタルフィルタについての概要は飛ばし、フィルタ設計・評価に使えるサンプルプログラムを載せただけです…

Python:SciPy窓関数の作成

時系列データの周波数解析を実施する際のフーリエ変換で使用する窓関数の処理についてまとめます。 開発環境について $wmic os get caption >Microsoft Windows 10 Pro $wmic os get osarchitecture >64ビット $python -V Python 3.7.6 $pip list -V scipy 1…

Python:ディジタルフィルタの設計① 移動平均フィルタ

Pythonから利用できる数学処理ライブラリ、Scipyを使ったディジタルフィルタの設計・評価方法をまとめました。 と言っても数学的な話やディジタルフィルタについての概要は飛ばし、フィルタ設計・評価に使えるサンプルプログラムを載せただけですが、何かに…

Rasberry PiとSORACOMサービスとで異常検知システムを作成 2/2 (機能の実装編)

続いては、「機能の実装」 についてまとめていきます。 目次 実施したいこと(再掲) 機能の実装に向けて 1. 異常検知の実装 1.1 人物検知について 1.2 動体検知について 1.3 異常検知について 1.4 おまけ機能について 2. 通知機能の実装 2.1 Amazon Echoで音…

Rasberry PiとSORACOMサービスとで異常検知システムを作成 1/2 (システム概要とセットアップ編)

会社での作業員異常通報に関する改善が図れそうだったので、試作をしてみました。 ここでは、Rasberry PiとSORACOMサービスとを組み合わせた作業員の異常状態検知 監視システムについてご紹介します。 目次 背景 作業員異常通報装置の運用 実施したいこと 使…

Python:LINEに通知をする

PythonでLINEにメッセージや画像を送りたい時に、毎回検索しているのでここにまとめておきます。 プログラムの完了通知をLINEに送りたい/センサーの値を監視していて、特定の値になったらその通知をLINEに送りたいなどで使えるかと思います。 開発環境につい…

Python:seabornを使ったグラフ作成まとめ

Pythonから利用できる可視化ライブラリ、Seabornのグラフの細かい設定を まとめました。 Seabornライブラリは、他の可視化ライブラリ Matplotlibと設定の仕方が違う所もあるので、たまに誤ってイライラしてしまいます・・ 完全に自分用な感じもありますが記…

Python:Plotlyを使って描画後に自由に動かせるグラフを作成する

Pythonから利用できる可視化ライブラリ、Plotlyの初歩的な使い方と細かい設定をまとめました。 Plotlyで作成したグラフは、描画後にグラフの軸を動かしたり拡大したり、プロットした点の座標(値)も示してくれるので、何回も描画し直す必要がないところが利点…